43442
4月28日、広報公聴委員会の、委員長・副委員長・私・事務局で、議会報告会をオンラインで行うためにどうするかの準備をした。
課題
嵐山町役場にはズームの使えるPCが2台あること、
そのPCは、メールがつかえないこと
セキュリティの関係で、役場の一般的なPC,議会事務局のPCはズームは入ってないこと

手続き的にクリアしないと、町民の人とのオンラインでの会議はできない。

議会報告会は5月21日に予定していたが、町民の参加が必要な行事は、今回は取りやめ。
5月13日にリハーサルを行う予定だったが、それをオンラインの試行にした。
その日は、全議員で、オンラインで議会報告会が行える形を考える。

画面共有とチャットと、手を上げることをそれぞれがやってみる。

副委員長の山田さんは、学校の先生だった経験を活かして、上手。
報告者が画面共有で、ラベンダー畑について説明をすると、質問が出てくる。
この近くにある嵐山町の山はどこでしょう?
手をあげて、答える
チャットを使って質問する。

スマホ、タブレット、PC でやれるようにする。
時間がかかったけれど、4人ではできた。
次は議場と離れた会議室と、議会事務局でオンライン試行。

オンラインのマニュアルができてないのでそれを作らなくてはなのだけど。
役場に後1台くらいは、ズームが入っているPCが必要ですね。

小学校・中学校ではもう取り組んでいるので、職務のある大人も取り組もうね。
鳩山町では、65歳以上の方の62%がスマホ使用で、オンライン予約のデマンドタクシーが、今年4月から始まっている。